記事一覧

オーストラリア旅行5-クニヤ・ウォーク3 クニヤの伝説

※クニヤ(ニシキヘビの伝説)
昔々のその昔、エアーズロック(ウルル)にはクニヤと呼ばれるニシキヘビがいました。
クニヤは自分の卵が孵化しそうになると、エアーズロック(ウルル)の西側にある洞窟(クニヤ・ビティ)に戻り、新しい子供の誕生を待っていました。
ある日、クニヤの甥であるクカクカが毒ヘビの祖先・リルの放った槍によって命を落としてしましました。実際にはクカクカが掟を破ったことへの戒めでしたが、それを知らないクニヤは激怒し、リルとの激しい戦いが始まってしまったのです。
激闘の末、クニヤが棒を使って岩の上にいたリルの頭を叩き割り殺しましたが、リルに戦いで放たれた毒に侵され、クカクカをムティジュルの泉へ運ぶと自分も息絶え、ワナンビと呼ばれる虹色のヘビに姿を変えました。
今でもワナンビがムティジュルの泉に住み、水を枯らさずにいると信じられています。
+++++++

この岩面のニョロニョロは
ファイル 6476-1.jpg

クニヤ(ニシキヘビ)が毒ヘビの祖先・リルを退治しに行くところだそうです。
ファイル 6476-2.jpg

そしてこの岩の切れ込みは『クニヤが棒を使って岩の上にいたリルの頭を叩き割り殺しました』時にできた切れ込みだそうです。
ファイル 6476-3.jpg


タニヤ・ウォーク終了後、現地日本人ガイドさんから日付入りのウルル、カタ・ジュタ国立公園の観光記念のカードをもらいました。
ファイル 6476-4.jpg

------

ウルル(エアーズロック)は場所によって色々な姿や浸食を見せてくれます。
ファイル 6476-5.jpg

撮影禁止の『男性の聖地』や『女性の聖地』もいくつかあり、それらの伝説は男性は男性にのみ、女性は女性にのみ語り継がれ、お互いの聖地の前を通る際にはその場所を見ないように通り抜けるそうです。

オーストラリア旅行5-クニヤ・ウォーク2 ムティジェルの滝とハート♥

ジャーン♪
こちらがウルル最大の水場、ムティジュルの滝(ウォーターホール)です。
ファイル 6475-1.jpg

浸食が織りなす蛇腹のような窪みの底を、雨水が滝となって滑り落ちてきています。
ファイル 6475-2.jpg

ママ的ヒットはこちら。
浸食が作り出したハート形のくぼみ♥とピースマーク★('-^v)
もいちゃん達とママはいつもラブラブだよー♡U^エ^U♡
ファイル 6475-3.jpg

ホテルのショップでこのハートマークのガラス作りのペンダントをみつけたので自分用にゲットして、なんかいいことありそうな予感(*^。^*)
ファイル 6475-4.jpg

各名所に設置されている色々な形の木のベンチ
どれもステキでした。
ファイル 6475-5.jpg

オーストラリア旅行5-クニヤ・ウォーク1 壁画

お次はバスで移動し、クニヤ駐車場から往復1km、所要時間45分ほどの『クニヤ・ウォーク』です。
 ※クニヤとはニシキヘビのことで、伝説があります。
『クニヤ・ウォーク』はウルル最大の水場、ムティジュルの滝(ウォーターホール)と、ハート形のくぼみなどを観ることができます。

どうです?この水たまりの赤さ!
酸化した鉄分がたくさんなのでしょうね。
ファイル 6474-1.jpg

このあたりにもアボリジニ アナング族が描いた壁画がたくさん残っています。

ムティジュリ洞窟の壁画。
赤色と黄色の酸化鉄粘土は貴重な交易品で、黒色と白色は木の炭と灰を水で捏ねて得たそうです。
ファイル 6474-2.jpg

この黄色いのは
ファイル 6474-3.jpg

現在も咲いているこのお花だそうです。
ファイル 6474-4.jpg

人が座っているとか、絵の模様にはそれぞれ意味があります。
ファイル 6474-5.jpg

オーストラリア旅行5-ウルルのマラ・ウォーク3

マラ・ウォークの折り返し地点のカンジュ・ゴージは90メートルの絶壁となっており、雨の日には見事な 滝へと姿を変えるそうです。
私たちが行った時はチョロチョロ滝でしたが、それでも砂漠地帯でこの滝を見ることができるのは100分の1くらいの確率でとてもラッキーなことだそうです。
ファイル 6473-1.jpg

カンジュゴージの麓には、半永久的なウォーターホールがあります。
砂漠地帯で雨が降らないのに、ここにはいつも水があるなんて不思議ですね。
ここがきっと動物達の水飲み場にもなっているのでしょうね。
ファイル 6473-2.jpg

少し離れたところから写すと、90メートルの絶壁だということがよくわかりますね。
ファイル 6473-3.jpg

あちこちに細い滝ができ、陰影がはっきりし、雨に濡れた岩肌は赤や銀色に光ってきれいです。
でも、青い空に輝くウルルの岩肌も間近で見たらきれいだったでしょうね。
ファイル 6473-4.jpg

ファイル 6473-5.jpg

オーストラリア旅行5-ウルルのマラ・ウォーク2

前話のウェーブ状の岩のくぼみ『ウェーブ・ケーヴ』は、こんなに大きいのですよ。
ファイル 6472-1.jpg

こちらは人の歯みたいに並んだ岩。
錆びた鉄のように赤いですね。
ファイル 6472-2.jpg

ここは『マラ・プタ』というパワースポット。
マラとは ワラビーのことで、アナング族の祖とされていて、ここのラ・プタは、安産祈願や出産の儀式が行なわれたとされる聖地だそうです。

添乗員さんがウルルの鼓動が聴こえるかも?といいうことで耳をあててみましたが、ママには聞こえませんでした(^m^)-☆
でも、お母さんのお腹の中に浮いているような温かさを感じました。(本当に)
もいちゃんは、今頃お母さんワンコのお腹の中で、こんな風に安心してあったかくしているのかなぁ...って思いました♡U^エ^U♡
ファイル 6472-3.jpg

ここは長老達の洞窟。
ここで焚き火をしながら、アボリジニ族の長老が会議をしたそうです。
焚き火の煤で天井が黒くなっています。
ファイル 6472-4.jpg

壁画もありました。
ファイル 6472-5.jpg