記事一覧

【生後911日】調子良くなってハムちゃんと遊びました (*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

“もに”、おかげさまで元気が出てきました●(o゜ー゜)/P
昨夜も今日も吐いたり腫れたりしていません★('-^v)

食べさせてもらえる量が少しずつ増えて、パワーがついてきたのかも(●^皿^●)

ゆうべ家に帰って、最初は『どーせなんにもらえないし<(`^´)>』的にどよ〜んとしていたのですが、
ムーちゃん&ブーちゃん達に頂き物の手作りのお芋さんケーキをお供えした頃から“期待を持ってママの後をついて歩いたり”活発になてきました(^_-)-☆
ファイル 7808-1.jpg

そしてなんと!
ついには3日ぶりにハムちゃんを振り回して遊び出しました\(^O^)/
振り回し方がおとなしく、いつもよりはパワー不足でスピードも遅いでが、それでもハムちゃんと遊ぶ気になったのは元気が出てきた証拠です★('-^v)

●家のキッチンには、うんPの後などにちょいとあげるようの“もに”のおやつ皿があり、常に数種のおやつが入っています。
ここ数日はそこのおやつをあげていなかったのですが、ママが他のものを取ろうとした際に、部屋着の袖にビーフジャーキーが引っかかって床に落ちました。
と、ママのあとをついて歩いていた“もに”がそれをすかさず口にいて、脱兎のごとく逃げました( ゜Θ゜).....今は処方フード以外あげていないのにと、ママはすぐに追いかけて口を開きましたが、すでに飲み込んでいました(TOT)
吐かないかちょっぴり心配でしたが、大丈夫でした。
それを見て、いつもなら下に落ちたものを急いで口に入れて逃げたりしないのに.....よほどおなかがすいていて、ストレスにもなっているんだろうなぁと。

●ここ3日くらいは、家に帰ってもママの室内履きを奪って逃げることがなくて、やっぱり具合が悪いのねと思っていたのですが、今朝出勤時にはいつものように室内履きを奪ってリーリーリー●(o゜ー゜)/P とやってきたので、あー、元気になってきた!と嬉しかったです(*^-^*)


お散歩も、数日ぶりにいつものコースをちゃんと歩きました♪
ファイル 7808-2.jpg

今日は気持ちよく晴れて、日差しが眩しかったです☀
ファイル 7808-3.jpg

このところ処方フードの粒をおやつにしていたのですが....
それじゃ味気ないし、“ビーフジャーキーぷち事件”もあったし、うんPはずっと良好なので、『おやつ命』の食いしん坊な“もに”に元気を出してもらうために、(悩んだ末に)お芋の栽培から完全手作りの、頂き物のお芋ケーキをほんの少しあげてみることにしました♡U^エ^U♡
美味しいし、安全だし、消化もOKだし、おいもがいろいろくるんでくれるし(●^_^●)
(どこかの段階では手作りご飯に戻すわけですし、おやつだってそのうち普通のおやつをあげるのですからネ.....ちょっと早い気もしましたが、“もに”の活力を戻してあげるスイッチです(^_-)-☆)

さあ、“もに”、久しぶりの美味しいおやつをどうぞ♡U^エ^U♡
でも胃もたれしないようほんの少しだけね。
ファイル 7808-4.jpg

“もに”、数日ぶりの美味しいおやつを、めっちゃ喜んでいました(*^ω^人^ω^*)
こういう『キラキラ✨』な嬉しい楽しみって、やっぱり“もに”の活力源になって、“もに”には必要なんですぅ(#^o^#)


調子は良くなってきていて、元気も戻ってきているのですが
お耳の入り口だけはアレルギーで?こんなに赤い“もに”でした。
(獣医さんのお薬塗っています。中は汚れていません。)
ファイル 7808-5.jpg

●昨日一昨日はステロイドを注射し、今日は飲んでいるので、すごい多飲多尿です。
“もに”は通常1日に5〜8回おしっこをするのですが、
今は10〜12回おしっこしていて、1回の量も通常の“朝一番のおしっこ”の量くらい多いです。

【生後910日】腫れず、吐かず (*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

初めてのアレルギーに慌てふためいてしまい、ご心配をおかけしてすみません<(_ _)>

“もに”、i/dを中止してアミノペプチドフォーミュラードライにかえたからか、ステロイドを注射しているからか、
とにかくおかげさまで昨夜は痒がりも少なく、昨夜も今日も吐いていませんし、お顔も腫れていません★('-^v)
ということは、やはりi/dが今の“もに”にとってのアレルゲンだったのかも?
(前は平気でしたが、急に何かがダメになってアレルゲンになることもありますからね)

自宅に帰って、ボール遊びはせがんできましたがやはり疲れるのが早いのか、こんな険しげなおブチュ顔でママを見ていたりもします( ̄(工) ̄;)
(おめめは、まだ完全には普通になっていないかも。)
ファイル 7807-1.jpg
まぁ、吐いていてごはんを少ししかもらっていなかったのですから、そりゃ力がでませんよね。

ここ数日は、事務所でも家でも、一切のおやつをあげないでいたので、『もらえないんだ(*´m`*)』と思った“もに”は、事務所でトイレをしてもスタッフにおやつの要求に行かなくなり......それがすごく切なくて不憫ですΣ(´д`ノ)ノ
あまりにもおやつの要求が多すぎて、いつも何か胃に入っている状態な感じで悪習をつけてしまったと思っていたのですが.....
すっかり良くなったら、吟味してトイレのあとくらいは『ごほうびおやつ制度』を復活してあげたい気持ちです。
“もに”はゴールデンの中でもかなりの食いしん坊なので、何かもらえることが生活のハリになるし、元気の源でもあるのだと思います (*•̀ᴗ•́*)و
なんといっても、何ももらえなくてストレスだらけになってはかわいそうですしネ。

スタッフがトイレから出てきたからとか、階下から戻ったからとか、洗い物が終わったからとか、全く“ご褒美の要素がない”のはダメですけどねー(●^皿^●)
あと、スタッフのランチをもらうのもダメです←スタッフは少しと言っていますが、本当はきっといっぱいもらっていたのだと思います(●^∀^●)

ごはんは、アミノペプチドフォーミュラードライをふやかして、(昨日まで吐いていたので)通常より少なめでスタートしています。
食欲はすごくあって、おなかがすいているのですごい勢いで食べます(^m^)-☆
ファイル 7807-2.jpg
早くいつものご飯を、普通量食べさせてあげたいです。

昨日の時点で、今日も受診することになっていたので獣医さんに行ってきました。

吐かなかったし、痒がりも少ないのですが、
お耳は、昨日はそんなに赤くなかったのに今日はかなり赤く、足裏のパッドの間も引き続きけっこう赤いです。

お耳は、中はキレイなのですが、入り口はアレルギーで?赤くなってしまっています。
軽くお薬をいれてくれました。
ファイル 7807-3.jpg


吐いていないので補液は必要ないでしょうとのことでしたが、まだ十分なごはんをあげられるわけではありませんし、昨日補液してもらったら少し活力が出たように思うので、昨日の半分の250mlだけしてもらいました。(ビタミンも)
ファイル 7807-4.jpg


お耳が赤くなってしまったので、ステロイド注射もしました。
このあと2日間は獣医さんにいかずに、家でステロイド(プレドニゾロン5mg)を1日1回、1回5粒飲ませることになりました。
ファイル 7807-5.jpg

そんなこんなしているうちに、アレルギー検査の結果が出て、きっと何か今後の参考になることもわかるかも。


このままゆるゆるとでいいので、すっかり良くなってくれますように。
まだまだ本調子ではない“もに”ですが、そんなに時間がかからずに元の健康をとりもどしてくれそうな気がしてきたママです★('-^v)

こんばんは“もに”と一緒にゆっくり眠るぞ(*゚Ω゚)/ウィッス!!

【生後909日】目の瞬膜と耳が腫れてしまいました(*´m`*)

“もに”、ゆうべは家でボール遊びをちょっとせがんではきたものの、いつもの元気(しつこさ)はありませんでした。
何より、“もに”の今までの犬生ではじめて、『ハムちゃんと遊ばなかった』ので(ハムちゃんをお洗濯中はのぞいて)、やはり体に異変があったといいますか、疲れていたのだと思います。


ママの膝枕でねんねさせながら、ずーっとマッサージをしてあげました。
ファイル 7806-1.jpg

目を離すと、かゆい目や口を掻いたり、床や壁に押し付けてこすったり、足の裏やおしっこのところを舐めたりするので、
就寝時には寝室にいさせて常に見張るために、足元灯をつけて、横に寝かせました。
いつもネックレスがわりのチョークチェーンに鈴をつけているので、ママがうとうとしても、掻いたり動いたりすれば鈴の音で気がつきます。(たぶんr(^ω^*)))
リビングに行かれてしまうと音や気配が聞けないので、リビングには行けないよう(久しぶりに)柵をしました。


ママは、もしもアナフィラキシーとかで死んでしまったらという恐怖にかられてしまい、ちょっと眠りながらも長い夜を過ごしました。
いつもならママは5秒で眠ってしまって、そのあとは爆睡してしまうので“もに”が動いても全く気が付かないのですが、
ピリピリしながら“もに”の様子をみていると、けっこう夜中に床に移動したり、フェザーベッドで眠ったり、またママのベッドに戻ってきたり、足やおしっこのところを舐めたり....けっこう動いているものです。
その度にお顔が腫れ出していないか、電気をつけて見ました。

明るくなると、大丈夫だったと思えて少し安心できました。
起きた時に“もに”のお顔は腫れていませんでしたし、ゲロッピーもしなかったことに安堵しました。


が、起きてしばらくして、ママがトイレに入って戻ると、リビングの座布団の上にゲロッピーが!
食べて15時間以上経つのに、未消化のi/dのシチュー缶をまんま吐いていました(´З`)
(吐いた量は少なく、食べたものの8分の1くらい)

先生に電話して指示をあおいだところ、朝ごはんはガスターとプリンペランを飲ませるためだけの、ごく少量にしてくださいとのこと。
“もに”は食欲はあります。
スプーン1杯ではあまりにも気の毒なので、大さじ3杯弱くらいのi/d缶をあげました。


と、50分くらいして、“もに”の眼がおかしいことに気がつきました(汗)
瞬膜が腫れて盛り上がってきていて、白目も充血。
耳たぶも熱を持って厚ぼったくなっているではありませんか!
ファイル 7806-2.jpg

ギャー!と心の中で悲鳴をあげて、あわてふためいて獣医さんに電話。
そんなこんなしているうちに、右目の瞬膜もみるみる腫れてきました。
獣医さんは、アナフィラキシーではないのであわてなくても大丈夫とのことでしたが、最短で診てもらうことに。

昨日は26.5キロくらいでしたが、吐くのでフードの量を極端に減らされている“もに”、今日は25.5キロ。
1日で1キロ減っています(;>_<;)
体温は38.6度だったかな?で大丈夫でした。

まずは全項目の血液検査をしました。
ファイル 7806-3.jpg

獣医さんについた頃には、眼の瞬膜の腫れは少し引いていたので、ひどかったときの画像や、吐いたものの画像をみてもらいました。
先生は、何か最近変えたものはありませんか? 洗濯洗剤でも柔軟剤でもなんでも。と。
それは昨日からずっと考えていたのですが、特に変えたものはないし、柔軟剤はそもそも使わないし、布団カバーは洗濯したし、ごはんはi/dしかあげていないし、おやつもi/d粒だし、アルコールとか消毒液ではないとすると...
『i/dとプリンペランが新しくくわわりました。i/dがあやしくないですか?』とお答えしました。
何より、今日眼の瞬膜が腫れ出したのは、少量のi/dを食べた50分後ですし。

i/dが“もに”のアレルゲンと決まったわけではありませんが(i/dは生後77日から数週間食べたことがあります)、
i/dを食べた50分後に腫れ出したというのはわりと説得力があったようです。

なので、これといったアレルゲンが確定できない今は、とりあえずi/dは中止して、アミノペプチド フォーミュラ ドライになりました。
このフードは、『食物アレルギーによる皮膚症状および消化器症状用の食事療法食で、窒素源はアミノ酸およびオリゴペプチドで構成されていて、炭水化物源としてコーンスターチを使用』
ようするに、窒素源が加水分解されているのでアレルギーがでにくいというものです。
ファイル 7806-4.jpg
吐くかどうかは別として(まだ胃が荒れてれば吐くかも?)、これならアレルギーを起こさずに、目や鼻や口や耳が腫れなないような気がするママです。
足の裏のパッドの間が(アレルギーみたいなので)赤いのも良くなるかも。

どうかどうか、もう腫れて大変なことになりませんように!
だって、見ていて“もに”がうんとかわいそうだもの。

他には、
●胃に何か異物がないかレントゲンも撮ってもらいましたが、異変はないとのことでした。

●眼の瞬膜や耳が腫れているので、今日もステロイドを注射しました。
お会計をすませるころには、瞬膜はすっかり元に戻り、耳は事務所に戻って少しした頃には腫れがひきました。
すごく良くお水を飲んで、薄いおしっこをするのは、ステロイドを注射したからだそうです。

●飲んでも吐いてしまうので、ガスターも注射しました。

●プリンペランは念のため注射しませんでした。

●嘔吐予防でちょっとしか食べさせてもらえないので体重も減ったし、血液検査でヘモグロビンと血球容積が高いので(嘔吐による脱水?)、ガッツリと補液もしてくれました。
背中がラクダさんになった“もに”
ファイル 7806-5.jpg

帰ってからは、補液が効いているのか、少し元気です。
といっても、食べていないのでいつものパワーはありませんし、疲れて眠っていますが。


引っ張ったり、吠えたり、暴れん坊だったりで色々と手を焼いている時は『このガキンチョめ!』と思うママですが、
(獣医さん的にはそんな状態ではありませんが、勝手におおげさに)初めて“もに”を失うかも?という恐怖を体験したママは
『わんぱくでもいい。元気が一番!』とつくづく思ったのでありました。本当に。

(あれ?どちらかでも似たことをきいたような(^_-)-☆)

【生後908日】アレルギーでお顔がブンブク(;>_<;)-2

朝は腫れているので痛がって触られるのを嫌がった唇の裏を事務所で見てみると、ちょっと古傷のようなものが?
ここからバイキンが入ったのかも?とも思いましたが、獣医さんは違うとのこと。
(古傷ですし、アレルギーはバイキンとは違うので)
でも、しこりのように腫れたのはこのあたりです。
ファイル 7805-1.jpg

朝ごはんはもちろん抜きですが、夜ご飯ように、i/d缶だけだと食べにくそうだし、美味しくなさそうなので、i/dのシチュー缶を混ぜてあげることにしました。
ファイル 7805-2.jpg

食欲もありますし、スタッフのランチの時には『開けてー! いつもみたいになんかちょーだい!!』という元気はありますが
......諦めが早かったり、やはりいつもとは違います。
ファイル 7805-3.jpg

夜ご飯は、いつもより早めに、また万が一吐いたりお顔が腫れたりしても対応してもらえるように獣医さんが開いている時間にあげました。
お腹が空いているので、喜んで食べていました。
ファイル 7805-4.jpg
.....なんか、お顔がげっそりしている感じ。。。。


その後は、『おしっこしたからおやつ』とかの催促はいつもどおりにしてきますが、
とにかくよく眠っています。
ファイル 7805-5.jpg

具合が悪くて眠っているのか?
はたまた
今朝まで調子が悪くて熟睡できなかったけど、今は注射で楽になったので良く眠れているのか?
後者であって欲しいです。

このあとも明日も吐かずに、お顔も腫れずに、少しずつ良くなって、
明後日にはまたもう少し良くなって......悪い病気や深刻なことにはならずに、どうかどうか良くなってくれますように!!!!!!

【生後908日】アレルギーでお顔がブンブク(;>_<;)-1

“もに”、今日は朝から大変でした(*´m`*)

ゆうべは、ほぼいつもと同じくらい元気になって、ボール投げもせがんでくるし、次から次へといつものイタズラもするので、もう大丈夫ねと油断したママは、
i/d缶だけだと食べにくそうだし、食べたくなさそうにしていたので、i/d缶+i/dのふやかした粒に、手作りご飯もお茶碗半分くらい入れてあげました。

それがいけなかったのかどうかはわかりませんが、
朝ベッドの部屋で“もに”が吐く気配を感じて飛び起きました。
そのまま背中をさすって吐かせてあげて、リビングに片付け道具をとりに行くと....
ヘザーベッドの上に2ケ所、昨夜のごはんをごっそり吐いてありました(汗)

すぐにガスターとプリンペランを飲ませてあげて大丈夫だよといい子いい子してあげて、バタバタ片付けや洗濯をしていると、今度は目を気にして痒そうにしているのですぐに見てみると....
ギャー!!!!!  左目の下がこんなに腫れてる!!!!!
ファイル 7804-1.jpg
うちの7頭の子の中で、アレルギー?でお顔がこんなに腫れたのは“もに”が始めたなので本当にびっくりして焦ってしまいました。


唇といいますか、鼻の下も小ぶりな大福くらいのしこりが入っているように腫れています(;>_<;)
ファイル 7804-2.jpg

右目は目頭あたりが腫れています。
ファイル 7804-3.jpg
足首や足の裏も気にしてハミハミしているので、みると足の裏の毛が舐めて赤くなっていました。
少し皮膚が赤くなっている部分がありましたが、ひどくはないです。


獣医さんに電話しようとしたら、ママの座布団の上で本日4回目(4ケ所目)のゲロッピー(*_*;


獣医さんに(ムリムリ)予約を入れてもらい、行ってきました。

特に変わったものを食べたわけではありませんし、変わった場所に行ったわけでもないので原因はわかりませんが
今回の嘔吐はおそらくアレルギーによる嘔吐でしょうとの事。

ママ的には、“もに”がいないところで行う室内のアルコール消毒や、最近湿疹ができて、そこを消毒するのに獣医さんからもらった消毒液が気になったのですが....アルコールがダメなら、注射をする時のアル綿にとっくに反応しているでしょうと話しになりました。確かに。
気づかないうちに、何か変なものを口にしたのかな?
草かぶれとかなら、もっと違う時間帯に出るだろうし?
家の中に何かアレルゲンがあるのかも?しれないと思うとコワイです。

獣医さんでまずはステロイドを注射してもらい、(飲ませたプリンペランとガスターも吐いてしまうのならと、)プリンペランとガスターの注射も。

まだ(若いから)いいでしょうとしていなかった(日本の)アレルギー検査もしました。
結果は1週間後です。

獣医さんに行く時はこんなにお目目が腫れていて、左は半分しか開かないくらいでしたが....
ファイル 7804-4.jpg

ステロイドを打ってもらって、血液検査の結果を待つ間に、腫れはほぼ引きました。
恐るべしステロイドの効き目です。
ファイル 7804-5.jpg

【血液検査の結果】
血糖値(平均75~128/前回72)は今回100になって正常に。
血小板数が少し低いが、検査用でたくさん血をとった影響かもしれないのでまあ大丈夫。
とのことです。
●上唇の一部が茶色っぽくなっているので、マラセチアの検査(セロテープみたいなのを貼って剥がして溶液につけて検査する)をしましたが、マラセチアではありませんでした。
よかった!