記事一覧

オーストラリア旅行5-サンセットキャメルライド2とハエ事情

遠くにウルルを眺めながらのサンセットキャメルライド。
ファイル 6480-1.jpg

これだけの数のラクダさんが足並み揃えて並ぶと面白いです(^з^)-☆
ファイル 6480-2.jpg


でもね、最初になにやら英語で長い説明をして、全員が乗って歩き出すまで30分以上かかったかな?
その後は牛歩ですすむ間、歩きで随行するオーストラリア人がずーーーっと何かしゃべっていて....あまりにもスローなのでママは眠くてたまらなくてラクダさんの上で何度も眠りそうになりました。(実際眠ったかも)

ママが乗せてもらったのはこのコ。
可愛いでしょ♪
ファイル 6480-3.jpg

19時35分。
もうすぐ大晦日の日が沈みます。
明日はシドニーに向け出発だから、これがウルルの見納めかな。
飛行場に向かうバスの中からちょっとは見えるかもしれないけどね。
ファイル 6480-4.jpg

あー、やっと牧場に戻りました。(約2時間後)
長かった〜。眠かった〜。おトイレいきたかったあ〜(笑)
ファイル 6480-5.jpg

ラクダさんの座り方って、ちょと変わって見えませんか?
肘も膝もきっちり折り込んで立ったり座ったりするんです。
(後ろのコは座ろうとしているところ)
このひずめまで伸びた状態から膝をついて立ち上がるのって、けっこう大変そうな感じがしますが、ホンニンたちはそうでもないのかな?

それとママが手に持っている帽子は顔を覆えるネット付きです。
この虫よけネットは夏のオーストラリアでは、ガイドブックにはマスクと合わせて必需品と書いてあります。
なぜかというと、ここエアーズロックはむちゃくちゃハエが多くて、ハエは水を求めているので、目や口に飛び込んできたり、汗で湿ったTシェツの背中などにびっしりついたりするらしいからです。
なのでママも園芸用の全身ネットまで揃えて挑んだのですが(笑)、ママ達がエアーズロックに滞在中はお天気が良くても気持ちよい風があったり(風があるとハエはあまりいない)、小雨だったりしたのでありがたいことにハエに悩まされることはほとんどありませんでした。
このキャメルライド中に1度ネットを出しましたけどね。

オーストラリア旅行5-大晦日にスマホ紛失と、サンセットキャメルライド1

つづき(自分が悪のですが...恨みごとまじりで暗いです。すみません)

ホテルに戻って30秒もたたないうちにスマホがないことに気がつき、すぐに添乗員さんにその旨を伝えました。
添乗員さんはすぐにホテルのフロントを通し、ヘリ観光の会社に連絡をとってくれました。

これが日本なら.....ヘリ観光の事務の人がすぐにドライバーの携帯に連絡し、ドライバーさんがバスの車内と、なければヘリの中を見てくれて見つかって10分のうちに一件落着だったと思います。
が! オーストラリアの人は違うんです。
連絡するもすぐには動いてくれず、そのうち電話がつながらなくなり年内の営業終了(゚〇゚;)
元旦は休みもしくは13時くらいからの営業という噂もあり。
(営業しているかどうかさえ誰もわからない)
ママ達のシドニーへのフライトは13時です(汗)

ママはそれまでスマホに対しての執着みたいなのは全くありませんでした。
が、失くしてみると、もいちゃんの画像や動画、友達とのラインのやりとりなどの色々がすごく大切だと思うようになり、もちろんロックはしていますが(ごく少ないけど)個人情報だって入っているし、もー気が気ではありません。

添乗員さんとホテルの人が、あちこちに連絡をしてくれ留守電を残したりしましたが応答はなし。
自分の不注意だから文句は言えないけど、これが自分だったら真っ先に最優先で対応してあげて安心させてあげるのに...と、こちらの人の対応にちょっとガッカリ。

もいちゃんのことがあったし、ママにとって今年は本当に人生最低の悲しくてイヤな年だと思いました。
2017年なんて、はやく終わってしまえー!

--------

今朝は4時起きで、その後に観光ウォークをしたりヘリに乗ったりで眠いです。
部屋に戻ってお風呂に入って一寝入りし、夕方からはサンセットキャメルライドです。
(オプショナルでママ一人しか希望しなかったため、お迎えの乗り合いバスでラクダ牧場へ)
ここは裏側です。
ファイル 6479-1.jpg

途中、もう1台のお迎えのバスのドライバーさんが道で見つけたモロクトカゲを自慢げに見せてくれました。
走っていてこんな小さいの(全長7cmくらい)をよくこんなの見つけましたよね。
ファイル 6479-2.jpg


ラクダさん、すでに並んでスタンバッてます。
ファイル 6479-3.jpg


ママは一人参加なので1頭のラクダさんにに一人で乗ることができました♪
ラクダさん同士はロープで短くつながれているので、後ろのラクダさんがこーんなに近いのですよ。
ずっとお口をモギモグ動かしていて、何度もゲップして(笑)、可愛いです。
ファイル 6479-4.jpg

ちなみに、ラクダさんのうんPはこんな。
ファイル 6479-5.jpg

オーストラリア旅行5-ウルル、カタ・ジュタヘリ観光2 スマホ紛失

私信
Mさーん♪ 
リリーちゃんにちゃんとマミーの伝言をお伝えしましたよー♡U^エ^U♡
ファイル 6478-1.jpg

ヘリはウルルの西、約30キロ離れたカタ・ジュタ(オルガ岩群)に向かいます。
ファイル 6478-2.jpg

上空から見るとこんなのですねー。
広ーい赤い大地に、大きな岩がゴロゴロ♪
ファイル 6478-3.jpg

カタ・ジュタとウルルはこのくらい離れていますが、
なんでも一説によるとだいぶ離れた山からの岩石が堆積してできた兄弟岩だという説も。

こーんなに離れているのに?とは思いますが、地球の大きな力と営みは巨大大陸だって離したりくっつけたり、エベレストやマリアナ海溝だって造ってしまうほどなのですから、このくらいのことは“あり”でうね。
ファイル 6478-4.jpg

ママが乗ったのはこの青いヘリ。
エアーズ・ロック(コネラン)空港に隣接するこのヘリポートには2〜3社のヘリ、6機くらいが駐機していますが、ママ達が乗ったヘリはこのフライトで大晦日の仕事納めのようで、パイロットはさっさと運転席に白い布をかけていました。
ファイル 6478-5.jpg

で、このパイロットさんが運転するバスで10分もかからないホテルへ。
ホテルに着いてすぐに、ママはスマホがないことに気づきました!

つづく

オーストラリア旅行5-中華ランチとヘリ観光1

ウルルのクニヤ・ウォークを終え、ホテルに戻り、何にでもパプリカの細切りがのっている(笑)中華のランチを食べました。
フカヒレのスープや鶏の甘酢あんかけとか、美味しかったです。
ファイル 6477-1.jpg

昼食後は皆さんとヘリ観光。
(これはオプショナルですが、ツアーの全員が希望していたため皆さんと)

どこまでも続く砂漠に、デンと鎮座する地球のおへそウルル(エアーズロック)
ファイル 6477-2.jpg

壮大です!!
こんなにも大きな一枚岩がこの世界に存在するなんて、スゴイ!!
ファイル 6477-3.jpg

ママの今回の旅の第一目的
『世界の中心からもいちゃん達への愛を叫びました(●^_^●)』
ファイル 6477-4.jpg

もいちゃーん(*^。^*)
ママ頑張っていい子で待ってるんだよ。
早くかえっておいでーーーლ(。◕ˇε ˇ◕。ლ)
ファイル 6477-5.jpg

オーストラリア旅行5-クニヤ・ウォーク3 クニヤの伝説

※クニヤ(ニシキヘビの伝説)
昔々のその昔、エアーズロック(ウルル)にはクニヤと呼ばれるニシキヘビがいました。
クニヤは自分の卵が孵化しそうになると、エアーズロック(ウルル)の西側にある洞窟(クニヤ・ビティ)に戻り、新しい子供の誕生を待っていました。
ある日、クニヤの甥であるクカクカが毒ヘビの祖先・リルの放った槍によって命を落としてしましました。実際にはクカクカが掟を破ったことへの戒めでしたが、それを知らないクニヤは激怒し、リルとの激しい戦いが始まってしまったのです。
激闘の末、クニヤが棒を使って岩の上にいたリルの頭を叩き割り殺しましたが、リルに戦いで放たれた毒に侵され、クカクカをムティジュルの泉へ運ぶと自分も息絶え、ワナンビと呼ばれる虹色のヘビに姿を変えました。
今でもワナンビがムティジュルの泉に住み、水を枯らさずにいると信じられています。
+++++++

この岩面のニョロニョロは
ファイル 6476-1.jpg

クニヤ(ニシキヘビ)が毒ヘビの祖先・リルを退治しに行くところだそうです。
ファイル 6476-2.jpg

そしてこの岩の切れ込みは『クニヤが棒を使って岩の上にいたリルの頭を叩き割り殺しました』時にできた切れ込みだそうです。
ファイル 6476-3.jpg


タニヤ・ウォーク終了後、現地日本人ガイドさんから日付入りのウルル、カタ・ジュタ国立公園の観光記念のカードをもらいました。
ファイル 6476-4.jpg

------

ウルル(エアーズロック)は場所によって色々な姿や浸食を見せてくれます。
ファイル 6476-5.jpg

撮影禁止の『男性の聖地』や『女性の聖地』もいくつかあり、それらの伝説は男性は男性にのみ、女性は女性にのみ語り継がれ、お互いの聖地の前を通る際にはその場所を見ないように通り抜けるそうです。