記事一覧

【生後414日/うちの子344日】もにの歯と 父の日

いきなりですが、半年くらい前から『何これ??』と思っていて、そのうち載せるのを忘れていたことです(^^ゞ

“もに”の犬歯の真ん中あたり、茶色いでしょ?
コレ、歯の汚れじゃないんです。
4月の初めの狂犬病予防接種の時に改めて先生に診てもらったら、コレは成長期(幼少期)に抗生物質飲むと、こうなることもあるとのこと( ̄。 ̄;)( ̄。 ̄;)( ̄。 ̄;)
ファイル 7182-1.jpg
“もに”は去年の7月8日にママの子になって間もなくくらいから軟便や膀胱炎や膣炎を繰り返し、
最初は赤ちゃんを薬漬けにしたくないからとこらえていたけど、間もなくこらえきれずに抗生物質飲ませるようになってしまい、
それでも膀胱炎や膣炎を繰り返すので治してあげたい一心で抗生物質を断続的に続けてしまい....
ついにはもう気にしないことにして少しくらいの膀胱炎と膣炎では抗生剤を飲ませないことにしたのですが....
(それらにならないようにするためにあえて一度ヒートを迎えさせた後に不妊手術をした)
時すでに遅して、結果犬歯がこんなになってしまったのです(-_-#)

人間の子供の歯が悪いのは親の責任とよくいうけれど、(ちょっと意味合いは違うけど)“もに”のこの犬歯はまさにママの決断ミスでこんなになってしまったのです。
“もにちゃん”、ごめんね。
小さい時にあんなに断続的にたくさんの抗生物質を飲ませるべきじゃなかった。
(かといって飲ませないとひどくてどうにもならないこともあったけど)

人間の爪、体調が悪い時に伸びた爪に段や筋が入ることあるじゃないですか?
そんな感じなのでしょうね。
爪はどんどん伸びるけど、永久歯の犬歯は一生このまま。
なってしまったものは仕方ないから、これからはせいぜい体調に気をつけて、歯も大切にしないと。

これからパピーをお迎えになる皆さん、もしもおチビちゃんが抗生物質を飲まないとならなくなったら、そりゃ必要なら飲ませて早く治してあげるべきですが、ひどくない膀胱炎くらいなら飲ませないという選択肢もあるということをちょびっとで良いので覚えておいてくださいね。
特に歯の生え変わりや骨の成長期はね。

オトナになったらそこまで気を使う必要はないと思いますが。

+++++++++++

べべちゃん&もいちゃんの時代から使っているおもちゃ箱(小さい方)、“もにちゃん”が激しく使うし、おもちゃ箱をおもちゃにするので針金も出てきてボロボロ(^^ゞ
なので新しくしましたよ♪
ファイル 7182-2.jpg
なかなかいいので、もう一つの小さいのも新しくしてあげようっと(o^-^o) ウフッ

昨日の雨とは打って変わって、今日はいいお天気U^ェ^U
ファイル 7182-3.jpg

七変化中の紫陽花♪
ファイル 7182-4.jpg

おまけ写真
今日は父の日でしたね。
ママは父が好きな果物やお酒をお供えしました。

仕事が終わって皆が帰り、ママが一人で仕事をしていると、姉妹で食事に行った近所に住むスタッフが、食事の帰りがけにポテトとスペアリブの差し入れを持ってきてくれました\(^O^)/
....なんか、ヒトリで煮詰まってしまっていたので激嬉しかったです(*^。^*)アリガト♪
ファイル 7182-5.jpg
おなかスキスキですぐにでも食べたいけれど、家に持って帰って父にお供えしてあげるんだ〜(*^~^*)

【生後391日/うちの子321日】お散歩禁止令とパッドのケガ

“もにちゃん”、今日のお散歩は立ち止まり炸裂です(^^ゞ
ファイル 7142-1.jpg

夏服を着させたからか?
今日からお試しの引っ張らない胴輪が慣れなくてイヤなのか?

でもね、時たま前足がカックンするような??
お散歩に出る前に胴輪を試し付けしていたら、スタッフが「“もにちゃん”前足が痛いかも?」と言っていたのですが....確かに。
ファイル 7142-2.jpg

でもママはあまり気にしていませんでした。
(ケースは違いますが)もにはママのデスクの下の狭いところで寝ていて出てくると、しびれるみたいでよく後ろ足を浮かしていて、でもすぐに治る、ということはよくあったりしますしね。

ママがちょっと出かけて戻ると、別のスタッグが「“もにちゃん”前足を浮かしていたので、痛いみたいです」と。
どうするとイヤがるかとか、マッサージをしてくれた時の様子も教えてくれました。

えー、と思っていろいろ触ってみましたが、特に痛がる様子はないものの、歩かせるとかすかに左前足を浮かしたり、歩き方が均等ではなかったりします。

獣医さんに電話したところ、今日明日はお散歩せずに様子を見てとのこと。

獣医さんに電話するとともに、さおりん先生にも電話して、昨日のようちえんではなんでもなかったですよね?とうかがいました。
(帰ってきてから今朝まではカックンはしていませんでした)
先生は「プール遊びをしたので、流れた屋上の床でパッドを擦りむく子がたまにいるのでみてあげてください」といわれて、その場ですぐに見たのですが、パッドが白っぽくなっているだけで大丈夫そうでした。


.....うーん、確かにいつもより元気もない感じ。
手が熱っぽい気もするし⬅︎マッサージしたり触ったから温かくなっただけだけど(^^ゞ
この時間にベットでねんねしているなんておかしいし。
(いつもならチョロチョロ動いている時間です)
ファイル 7142-3.jpg


仕事が終わって皆と話している時に、フト気になってパッドの間をちゃんとみてみると.....

みつけました!
これが、左前足を浮かす原因です!!
ファイル 7142-4.jpg

はがれかけたパッドの皮がまだ赤い肉部分にあたると痛かったのでしょうね(;>_<;)

なので、パッドの皮をハサミでチョッキンして、消毒してチチンプイプイしてあげました。
夜寝る前にお薬を塗ってあげようと思います。
ファイル 7142-5.jpg

たいしたことないのですぐに治ると思いますが、明日はお散歩しないほうがいいのかな?
ソックスやシューズを履いてすればいいのかな?
明日獣医さんにきいてみます。

1歳にして初めてパッドをちょっこっとケガした“もにちゃん”でしたr(^ω^*)))
....普通あまりめくれない場所だと思うけど、暴れん坊だからネ(●^皿^●)

【生後349日/うちの子279日】5回目の鍼治療

今日は“もにちゃん”、5回目の鍼治療ですU^ェ^U

サザエさんで有名な桜新町を通過していくのですが、桜新町の八重桜(かな?)、もうすぐ満開な感じです♪
ファイル 7079-1.jpg

“もにちゃん”、このあたりで早くもゲロッピー(*_*;カワイチョウニ
車に乗るの久しぶりだからね。。。
ファイル 7079-2.jpg

桜丘のソメイヨシノ。
まだ頑張っていますね!
ファイル 7079-3.jpg

鍼治療は、持参したおもちゃをかじらせ、かつママが押さえ込みしながらです( ̄▽ ̄აა)
ファイル 7079-4.jpg
いい子にしないと、治療してもらえなくなっちゃうぞー!


“もにちゃん”は小柄なのに身体が“詰まった”感じで、29.3キロあります。
ちょっとふっくらしてきてしまいましたが、太っていて29キロなのではなくて“詰まっていて”重い感じです。
(もにの今の大きさでしたら、普通なら26キロくらいの感じです)

3ケ月ぶりにお会いしたW先生は、“もに”のことを黒ラブみたいな動きと体型ねとおっしゃっていました●(o゜ー゜)/P

●不妊手術もしたことですし、最初は少し太ったかと思われたらしいです。
が、マッサージをしていただくと一部早くも落ち込んでいた背中が平らに近くなり、スッ!と締まってカッコ良いボディになりました!(すごい!)
“まぐろちゃん”は始終動いて筋肉を使っているので、筋肉が骨にはりつくような感じで固まってしまっているのでポテッと見えただけで、マッサージで筋肉をほぐしたのでスッ!となったそうです。

●数日前から“もに”の舌が(ピンクではなく)赤黒い色になったのが気になっていたのですが、それは熱がたまっているからで、耳と尻尾から熱抜きをしてあげっととのことでした。

●今回は前回の治療から3ケ月でしたが、もう1歳になるので今後は2ケ月に一度の治療になりました。

帰りもゲロッピーしてしまった“もにちゃん”ですが、吐いたらそれでスッキリ♪なようでーす ( ^🐽^ )
若いね!
ファイル 7079-5.jpg

熱中症に注意!!!

今日はポカポカで、そんなに長いお散歩ではないのに“もにちゃん”はハアハア。
お水を飲みたくて、今日もグイグイ水道に向かって行きましたよU^ェ^U
ファイル 7069-1.jpg

お散歩から帰ってもハアハアするので、スタッフが氷をあげて、保冷剤も出してくれました。
子供の頃好きで、引き寄せていた使っていた保冷剤です(^_-)-☆
ファイル 7069-2.jpg

それでもまだハアハアいうので、クールバンダナも出してきてくれました。
これは去年の夏に使っていたサイズそのままなのですが、こんなに小さかったのねーとちょっと驚き(o^-^o) ウフッ
ファイル 7069-3.jpg

抜糸と狂犬病予防注射のために獣医さんに行くときにもそのままクールバンダナをしていきました。
今季初めてのクールグッズです●(o゜ー゜)/P

でも獣医さんで抜糸の際に大暴れしてさらに暑くなった“もにちゃん”(^^ゞ、今日は外も暑いですからねーなんてお話をしていたら、つい一昨日に、すでに熱中症になってしまったワンちゃんがいたと注意喚起してくださいました!

先生曰く、夏はみなさん十分に気をつけるけど、【体が(暑さに)慣れていない】今くらいとかこれからが要注意!とのことです。

確かに! ママだってポカポカと知りつつ、長いお散歩じゃないからと何もしてあげずにでかけて、結果けっこうハアハアさせてしまったのですから、この調子であと15分多くお散歩していたら引っ張りっこの“もにちゃん”は熱中症になりかけたかも(ゾッ!)

そんなですから、みんさん、今頃やゴールデンウィークのお出かけは、是非しっかり暑さ対策してあげてくださいねU^ェ^U


獣医さんからの帰り、術後衣を脱げてスッキリ笑顔(●^_^●)
ファイル 7069-4.jpg

帰ったら真っ先にブラッシングしてあげて、クールグッズと氷でクールダウン。
ファイル 7069-5.jpg
狂犬病の予防注射もしたので、夕方と夜のお散歩はせずにゆっくりしてもらいました。


お散歩が暑かったうえに、抜糸の時に仰向けが嫌で大暴れたし、おまけに狂犬病の予防注射もしたから...帰ってきてからは高いびきでほぼずっとねんねしています。
きっとかなり疲れたのでしょうね(●^皿^●)
(帰り道で知人に会って興奮してリード噛み&飛びつきもしましたしネr(^ω^*))))

抜糸の時に“もに”を押さえていたママもなんか喉がカラカラになって、(普段は冷たいジュース的なものは飲まないのですが)冷たいカフェオレを一気飲みしました〜(^з^)-☆

人もワンコも体のスイッチをそろそろ入れ替えて、これからは徐々に『暑くて当たり前』と体に覚えてもらわないとネ(^m^)-☆

【生後344日/うちの子274日】抜糸と狂犬病予防注射

不妊手術から10日目
今日は待ちに待った抜糸の日です●(o゜ー゜)/P

これで10日間着た切り雀だった術後衣を脱げるし、抜糸すればアヴァレないようにとか、患部をそんなに気にすることもなくスッキリです(*゚Ω゚)/ウィッス!!


“もにちゃん”、手術の時に一泊したもんだから、奥に入って行こうとして.....笑えます(●^皿^●)
ファイル 7067-1.jpg


術後衣を脱ぐときに、手術跡に貼っていた絆創膏がはがれました。
こんなでした。
ファイル 7067-2.jpg


抜糸した糸(医療用のホチキス)
※糸ではないので、何年後かに脂肪織炎なってしむ可能性がないので安心です!
べべちゃんが(おそらく)不妊手術の糸のせいで脂肪織炎になってしまいものすごーーく大変でしたから!!

専用の器具で平らな面をM字型に凹ませて簡単にはずせるようですが...
とにかく“もに”が暴れてものすごいので、プロレスのカウントの時のように覆いかぶさって上半身と頭を押さえていたので、写真がとえないどころか見ることすらできませんでした(汗)
前にも書きましたが、生きの良いピチピチ跳ねる身が詰まりに詰まった小型マグロを押さえ込んでいる感じで、すごく力がいるんです( ̄。 ̄;)フーー
ファイル 7067-3.jpg
『もいちゃん』といい、“もにちゃん”といい、診察台で仰向けになるのがとことんイヤみたいで.....『もいちゃん』といっしょでエコーとかするの大変そう。
他の子はみーんな全然平気でしたけどね、
特にべべちゃんなんか『好きにして』と緊張もしないし、1ミリも動かないし、途中で寝Mってしまうくらい平気でたけどね(^_-)-☆

けっこう暑かった散歩に行ってから20分くらいしか経っていなかったし、抜糸のときに大暴れしたので熱は39.7度!
高いからもしや狂犬病の予防接種ができない?と内心ヒヤヒヤしましたが、先生が『あれだけ暴れたのでそのせいなので大丈夫でしょう。ゆっくり帰って安静にしてください。』とのことで予定通り狂犬病予防注射もしてもらえましたU^ェ^U
(大暴れと言っても良い子のお母様方は想像がつかないと思いますが、本当にすごいんです! GR7頭の母がいうのですから、きっと本当に相当暴れるのだろうなと思っていただけたら幸いです(笑)(●^皿^●))
ファイル 7067-4.jpg

抜糸後の手術跡はこんな。
14針(ホチキス)縫っていたようですね。
少し絆創膏かぶれをしているので、お薬を縫ってくれました。
ファイル 7067-5.jpg

そうそう、体重は29.3キロ。
ごはんのカロリーをパピーからオトナにかえて10日ほどですので、まだ体重変化はありませんでした。

それと、一昨日の朝一番のおしっこにポタっと透明なものがでて、そこに糸状の血がまざっていたのが気になって電話したところ、手術の影響で心配ないと思うが、気になるならおしっこを持ってきてとのことでしたので、今日画像を見てもらうとともに検尿もしてもらいました。
結果はおしっこはキレイでした。
なので気にしないことにします(^_-)-☆

ページ移動