記事一覧

もいちゃんの初七日とみんなのお彼岸追善供養

去年まではもいちゃんと一緒に見て写真を撮った彼岸花。
今年はもいちゃんのお葬式の日に道端でみつけ、あー、そんな頃なのねと知りました。


ありがたいことにもいちゃんの幸せ色のお花畑はますます大きくなって、お線香やごはんをあげるのに工夫が必要なくらいです:\(*^_ゝ^*)/:
ファイル 6421-1.jpg

もいちゃんの笑顔ははじけんばかりに輝いています(●^_^●)
ファイル 6421-2.jpg
もいちゃんの笑顔のわけは、たくさんの方がもいちゃんを偲んで来てくださって嬉しいのと、綺麗なお花に囲まれているのと、そして美味しいものもたくさんだからです⌒゚(σσ)゚⌒
今は唐揚げだって、チョコだって、ブドウだってなんだってOKですからネ(^_-)-☆


早いのか遅いのか?
今日はもいちゃんの初七日です。
ちょうどお彼岸でもあるので、ムーちゃん、ブーちゃん、べっちゃん、きゃっちゃん、べべちゃん、そしてもいちゃんのお彼岸の追善供養もしていただきました。
ファイル 6421-3.jpg

べべちゃんがお空に旅立ってからの5年4ケ月。
母一人、子一人。
フタリで肩寄せ合って仲良く楽しく生きてきました。
心穏やかで、本当にものすごーく幸せでした。
ファイル 6421-4.jpg

ママを心配して、また友達が遠くから来てくれました。
美味しい差し入れを持って。
ファイル 6421-5.jpg
ママは今ももいちゃん達に守ってもらっていますし、スタッフと友人、ご近所さん、そしてもいちゃんを可愛がってくださったみなさんに助けてもらっています。
ありがたいです。
ありがとうございます。

内科のお医者さまに、精神的に辛い時は、『自分の呼吸音を聴くことに集中する』と良いと教えてもらいました。(医学的に証明されているらしいです)
ゆうべ、“さみしい病”にはなっていない普通の状態で、どんなものかとベッドに入ってから試してみたら、あっという間に眠っていた感じでした(^_-)-☆

もいちゃんとの幸せで楽しい日々はママの心の中にあって決してなくらないので、ママは大丈夫ですU^ェ^U

悲しくてもおなかがすくということ

もいちゃんと過ごす定休日が待ち遠しかったママですが、もいちゃんがいない今、定休日がコワイです。
ヒトリだと“寂しい発作”が起きてしまうかもしれないから。
夜はこれでもか!というくらい起きていて、瞼が閉じてしまうくらいになったタイミングで急いでベッドへ。

起きている間に“寂しい発作”が起きそうになると、もいちゃんが駒沢公園のゴミ箱が怖かったり、テレビのチン音が怖かったりするのにかなり良い効果があったホメオパシーを口に入れます。
ママともいちゃんは似ているので、ママにも効き目があるようです。
いつもはもいちゃんのために持ち歩いていましたが、今は自分のためにあちこちに置いて、御守りがわりになりました。
ファイル 6416-1.jpg

そんなママを気遣って、スタッフが食事に誘ってくれました。
毎週必ずもいちゃんとおじゃましていた大好きなイズムさん。
ファイル 6416-2.jpg

いつものようにもいちゃん特製スープをたのんで、もいちゃんのいつもの場所に置いてあげました。
そして持って帰ってお供えにしました。


ベティが急に亡くなった時は、たしか1週間近くごはんが食べられず、無理に食べても全く味がせず、喉ばかり熱かったです。
2日くらいで体重が7キロ減っていて、その7キロは流した涙なのだと思いました。
それでも1週間目くらいにはお腹がすいてきて、ベティが亡くなったのにお腹がすく自分が許せなかったのを覚えています。

もいちゃんが9月11日に病気とわかり、9月12日に日付が変わった頃夜間救急に行くことになって、その日だったかその翌日には2.5キロ減っていました。
(そんな時に体重を測るのもどうかと思いつつ)
喉ばかり乾いて、食べる気がしませんでした。
でも、これから闘わないとならないのでと、一生懸命食べるようにしました。

スタッフが何か用意しておいてくれたり、さおりん先生がイズムさんのごはんをたくさん差し入れをしてくださったり、お世話になっている方々がプリンやアイスやお菓子を差し入れしてくださったり、スタッフにちゃんと食べて欲しいので一緒になって食べたり。
今日はブログを見てくださっていた初めてお逢いする方が“ちゃんとごはん食べてくださいね”とお花とともにとても美味しい築地ものをくださり、早速今つまませていただいているところです。
....みなさんのお気持ちをどんどんいただいて、ママはすでにほぼ普通に食べています。
今日いらしてくださった方に、「それが、けっこう普通に食べているんです」とお話しするのが気が引けましたが本当のことをお話ししました。
もいちゃんが亡くなってまだ5日なのに、ほぼ普通に食べられる自分がちょっとイヤではありますが、“寂しい病”と闘うためにはお腹に美味しいものを入れて、美味しいと思ったり、満腹になって安心し、かつ血液や副交感神経を消化に集中させることが必要なのだと思います。

もいちゃんにちょっとあげたいので、ゆうべはおなかがいっぱいでしたがパンケーキもたのみました。
ファイル 6416-3.jpg

今日は、もいちゃんがお世話になったかかりつけのながいき動物病院さんにご挨拶に行ってきました。
もう通うこともなくなるんですね。。。
ファイル 6416-4.jpg

もいちゃんのお花畑、また大きくなりました!
ありがとうございます。
ファイル 6416-5.jpg

お祓いとお花畑

9月11日にもいちゃんが病気とわかりました。
その時、スタッフがもいちゃんのためにお祓いをしたらどうですか?と言いました。
きいてみると、霊感的なものがあるそのスタッフは、何か感じるところがあったようです。

ママは霊感的なものは全くなく、ましてワンコがいる家は守られているから大丈夫と常々思っていたのですが、
弱っているもいちゃんに何かあってはならないので、もいちゃんのためにお祓いのお願いの予約をすぐにしました。

19日がお祓いの日。
もいちゃんは旅立ってしまいましたが、これも何かの必然かもと思い、そのままお祓いをしていただくことにしました。

S先生にしっかりと時間をかけて色々なお話を聞いていただき、カウンセラー的な感じで、ママの心はだいぶ落ち着き、最初よりだいぶ楽にもなりました。


ママともいちゃんは珍しいくらいピッタリ合っていてとても似ていて、お互いに寄り添いあう星なのだそうです。
もいちゃんはもちろん幸せだったそうです。

もいちゃんは今もここにいて、さっぱりとしているそうです。
ママが悲しみすぎるともいちゃんを苦しめてしまうので、悲しみすぎないようにとのことでした。

スタッフも同席し、長いお経をあげていただき、父とご先祖様ともいちゃんの供養をしてくださり、ママとスタッフのことも祈祷してくださいました。
黒米?を撒き、お札を貼ってくださいました。
ファイル 6415-1.jpg

ファイル 6415-2.jpg

もうこれで大丈夫。安心です。
(もいちゃんがいてくれている時にやってもらえたらもっと良かったな。)

もいちゃんは、みなさんから頂戴した綺麗な綺麗なお花畑でニコニコしています。
ファイル 6415-3.jpg

お花畑はどんどん大きくなって....
ママやスタッフだけでなく、たくさんの方々に日頃のことを気にかけていただいて、可愛いと思っていただけたもいちゃんは本当に幸せ者です。
ファイル 6415-4.jpg


励ましや お優しいお心をありがとうございます。
時間はかかってしまうと思いますが、母より必ずお礼をさせていただきます。
ファイル 6415-5.jpg

もいちゃんのお葬式

お葬式の朝。
ママの友達がもいちゃんにお別れを言ってくれに、そしてママを心配してきてくれました。
ファイル 6414-1.jpg
もいちゃんは送っていただいたプリザーブドフラワーの飾りのティアラをお耳にのせて、お姫さまみたいです(*^。^*)


もいちゃん色のお花で棺をいっぱいにしてあげて、お写真、あいばろカタログ、頂いたお守り、お手紙、お洋服、およだかけ、首輪代わりのネックレス、お気に入りのおもちゃ、毎晩くわえてママにみせてくれるグローブタオル、退院した晩にかじっていたガム、それにお弁当(いつものごはんにステーキにスープ)にフルーツ(マンゴーと梨)においものおやつ、プリンとヨーグルトをもたせてあげました。
お弁当やおやつ類は、我が家のムーニー、ブーボ、ベティ、キャシー、べべの分と、お空の先輩方にご挨拶としてお配りするようです。
ファイル 6414-2.jpg

スタッフと、元スタッフも来てくれて、みんなでお見送りです。
ママは「もいちゃんありがとう。愛してるよ。大大大ちゅきでちゅよ」って言って、何度も何度もチューしました。
ファイル 6414-3.jpg

もいちゃん地方は台風一過で真夏日。
もいちゃんはこんな青空に昇って行きました。
ファイル 6414-4.jpg

そして
“ちっちゃいもいちゃん”になって、ただいまーって帰ってきました。
ファイル 6414-5.jpg
お帰り、もいちゃん。

みなさんにさようならのご挨拶

もいちゃんを可愛がってくださっていた方達が、たくさんもいちゃんに会いに来てくださいました。
もいちゃん、とっても嬉しかったことと思います。
ファイル 6413-1.jpg

ファイル 6413-2.jpg

本当に眠っているような優しくて穏やかなお顔です。
ファイル 6413-3.jpg


綺麗なお花に、マンゴーさんやモザイクお写真、もいちゃんの大好きなテキサスさんのステーキと、イズムさんのもいちゃん特製スープもいただきました。
ファイル 6413-4.jpg

もいちゃんの身体がおうちで過ごす最後の晩。
お写真を見たりしながらいろんなお話しをし、いつものようにママがもいちゃんの爪をいじったりして、お手手をつないでねんねしました。
ファイル 6413-5.jpg

ページ移動